魔術が存在する世界における、オーバーテクノロジーとしてのインター魔力ネット

よくある、いにしえの文明があったという世界観のファンタージー世界。
ただし、いにしえの文明が残したのは伝説の武器だとか強力な魔法ではなく、魔力を媒介として世界中に張り巡らせた情報ネットワーク。イメージ的には、電気的な技術ではなく魔力的な力を利用したインターネット。
魔力が媒介なので、中には悪魔だとか精霊だとかが住んでたりする。