米倉あきら「インテリぶる推理少女とハメたいせんせい In terrible silly show, Jawed at hermitlike SENSEI」

読了。
「主人公が本当に強姦魔で、物語開始時点ですでに中学生たちを強姦していた」ということで話題になった作品だったが、物語の骨格にねじれがあるような違和感を感じる作品だった。
強姦魔というところは主軸ではなく「これはどういった種類の物語なのか」というものが強姦魔と少女の話→少女の狂気の話→メタフィクションと読書中に次々と変わっていくところが特徴的で、そこが上記のねじれとして感じられるのだと思う。意識してやってるのか、勢いで書いてるだけなのかは分からないが。
エンターテイメントとしては失敗していると思う。あとがきで作法を守っていないが勢いがあるライブについての感想が書かれているが、まさにこの作品自体がそういったものに仕上がっている。