USBメモリを経由して感染するウイルスの被害が急増中:ニュース - CNET Japan

http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20384641,00.htm?ref=rss


パソコンにUSBメモリが接続されると、そのUSBメモリの中に置かれたプログラムを自動的に実行する
という機能がWindows 2000以降のOSに搭載されており、
USBメモリ感染型ウイルスはこの機能を悪用して感染する。
自動実行なんて機能は捨てちまえ。
そもそも、CDとかUSBとか指したら勝手にプログラムが立ち上がって重くなるとかうざいし、自動実行が無ければいかんと思った場面が無い。
sonyルートキットとかもこの機能利用してたし、自動実行はもうメリットよりデメリットの方が大きいだろう。