Gone Home

クリア。
久しぶりの帰省をすると、家には誰もいないという状況から話がスタートするウォーキングシミュレーター。
屋敷を歩き回ってなにがあったのかを理解していく作品。
「フィンチ家」と似たシチュエーションだが、こちらは超常的なことは空想上でも起きない。
正直、西洋人にとっての哀愁などが高く評価された作品なので日本人としてはあんまり楽しめなかった。
全部言っちゃうと、同性愛者だった妹が彼女と駆け落ちして両親は旅行中というオチ。